コントロールできなくなる尿意|ふとした時の尿漏れを改善

尿が漏れる原因

薬

本人に合った治療

尿失禁というのは尿漏れのことで、意識をしていないのに尿が漏れてしまうことを言います。尿漏れにはいくつかの種類があって腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁、完全尿失禁や機能性尿失禁があります。年齢を重ねていくと尿漏れを経験する人が多くなってきていますが、原因はいろいろとあります。筋肉の衰えや、病気によるものなどさまざまにありますので、医師の診断を受けて本人に合った治療を行っていくことが大切になってきます。尿道だけではなく、肛門を引き締める働きをしている筋肉が人間には備わっています。骨盤底筋という筋肉でこの筋肉がたるむことで尿が漏れやすくなったり、尿の切れが悪くなってきてしまいます。運動を行ってこの筋肉を鍛えることで、尿漏れを改善することができます。

いろいろな症状

腹圧性の尿失禁は、くしゃみやせき、急に動いたときにおなかに力が入ってしまうと尿漏れを起こしてしまう症状で、骨盤底筋が弱ってくると起こってきます。切迫性尿失禁は膀胱がいっぱいにならなくても、急に激しい尿意を感じてしまい我慢ができずに尿漏れを起こしてしまう症状です。溢流性尿失禁は膀胱がいっぱいになって尿があふれ出る症状で、残尿感があります。反射性尿失禁は尿意がないのに尿漏れを起こしてしまう症状を言います。完全尿失禁は膀胱に尿がたまらないまま、だらだらと漏れてしまう症状です。機能性尿失禁は自力で排尿ができるのに、脳血管障害や運動機能障害、認知症などで正常な排尿行動ができない状態を言います。それぞれに原因がありますので、よく診察を行うことが重要です。