コントロールできなくなる尿意|ふとした時の尿漏れを改善

尿トラブルを治す

カウンセリング

女性に多い尿トラブル

くしゃみや咳をした時、また走ったり重いものを持った時など、こらえる間もなく尿が漏れてしまうことを尿漏れといいます。この尿漏れは女性に多く、20代の若い世代から中高年まで幅広い年代で悩みにあげられています。ただし、尿漏れと聞くとどうしても高齢者の問題という認識が広がっており、またデリケートな問題であることから、なかなか誰にも相談できず1人で悩んでいる人が多いとされているのです。しかし、尿漏れは決して珍しいことではなく、20代ではおよそ20%、30代では30%、40代では50%近くが経験しているという報告がされています。しかも、ここ最近は尿漏れをケアする商品が市場に出回るようになり、多くの人が改善に目を向けるようになってきました。今後はこのようなケアはもちろんのこと、さらに泌尿器科などで積極的に治療を行う人が増えていくと考えられています。

尿トラブルの改善

女性の尿漏れの多くは、腹圧性タイプと言われています。このタイプの特徴は、文字通りくしゃみや咳などでお腹に腹圧がかかった時に漏れてしまうというものです。この原因は、骨盤底筋という下腹部を支える筋肉のゆるみによると考えられています。骨盤底筋は妊娠や出産、加齢などにより筋力が弱くなり、そのため下腹部の内蔵が下がり膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れを起こしやすくなるのです。そこで泌尿器科では、骨盤底筋を鍛える骨盤底筋トレーニングの指導を行っています。このトレーニングを行うことで、軽度の尿漏れの8割近くが治すことが可能と言われています。この他、尿道の締りをよくする薬剤が処方されるケースもありますが、これらではあまり改善が見られない場合は手術も考えられます。